後見人たちの役割

もう少し成年後見制度について詳しく見てみましょう。 成年後見の法定後見制度では、 家庭裁判所が成年後見人等を選任します。 法定後見制度には後見、保佐、補助の3パターンがあり、後見は判断能力が欠けているのが通常である人たちに対してです。それを援助する人たちのことを成年後見といいます。 保佐は判断能力が著しく不十分であり援助する人は保佐人、そして補助は判断能力が不充分である人たちであり援助する人は補助人です。

成年後見人・保佐人・補助人という人たちにどのような人が選別されのかもとても気になる問題ではないでしょうか。成年後見人・保佐人・補助人は家庭裁判所から選ばれた人たちがなります。そのような人たちは親族というケースが多いようですね。ただし親族でないケースもあり、弁護士、社会福祉士、司法書士、行政書士と言った人たちが(法人)が選ばれるケースもあります。そのような人たちは一人だけしかいけないということでもなく複数選ばれる場合もあります。

成年後見人・保佐人・補助人という人たちは、どのような役割をもっている人たちなのでしょうか。そのような人たちの使命でまず大事なのは本人の意思をしっかり尊重することです。そして福祉サービスを利用する際契約や財産の管理などをしていきます。