弁護士に相談する

任意後見制度とは、判断能力が低下する以前にあらかじめ支援してほしいことなどを契約で決定することを言います。法定後見に優先する制度として考えることが出来、自分の将来を自分で決める制度として考えてください。任意後見人は支援をお願いする人であり、本人としっかり話し合いによっての決め事通りの活動をしていきます。とにかく大事なのはしっかり話し合うことであり、任意後見人に支払う報酬についても取り決めが必要です。決められた内容は「任意後見契約書」に盛り込まれることになります。

成年後見制度はやっぱりなかなか簡単ではないと考える人たちが多いのではないでしょうか。弁護士に依頼すれば、申立の書類の作成や、各種添付資料の収集や、家庭裁判所の調査期日への立会いなどのサポート業務を行ってもらうことが出来ます。成年後見人に就任する方が、第三者の弁護士等の場合でも、身上監護や財産管理に関する注意点などをしっかり引き継ぎします。弁護士が後見人に就任した方がいいと判断される場合もあります。

やっぱりなかなか素人目では難しいと思えることもあり、最初から法律のプロフェッショナルをパートナーにしようという姿勢は正しいのではないでしょうか。

関連リンク【成年後見・財産管理|スター綜合法律事務所